ゾーマ戦

事前準備

特になし。

戦術

光の玉を用いるのは当然としてその後の事を考えます。
まずゾーマの攻撃ですが、通常攻撃、凍える吹雪、マヒャド、凍てつく波動の2回攻撃です。無防備で一番強力なのが通常攻撃で1回で大体130以上のダメージを与えてきます。これを軽減するにはスカラ系しかないのですが、ゾーマは凍てつく波動も使ってくるためほとんど毎ターンスクルトを唱えていなければなりません。

実際に勇者、戦士、魔法使いを全員LV13にしてプレイしてみたのですが、勇者、戦士は賢者の石を使い続けないと回復が追いつかず、魔法使いはスクルトを連打してないといけないため攻撃の機会が回ってきません。勇者に刃の鎧を装備させる方法もあるのですが、それだと凍える吹雪、マヒャドの耐性も下がり死ぬ確率が圧倒的に上がってしまいます。3,400ターンかかっても勝てるかどうかも分からない戦闘となるので魔法使いのMPも持ちこたえられずこの作戦では不可能と判断しました。

仕方がないのでHPを上げるために全員のLVを上げようかと思ったのですが、その時にふとこんな事を考えました。「あれ?LVを上げるんだったら魔法使いは要らないんじゃ・・・」

そうです。魔法使いが居ると魔法使いが死なないようにするために、スタミナの種や命の木の実を魔法使いに投与しなければならないのですが、魔法使いが居なければ戦士と勇者にその分を使えるので一人一人の生存率は大幅に上がるのです。
よって勇者、戦士の2人でゾーマの攻撃に耐え切り、刃の鎧の反射ダメージで攻撃していくと言う戦術に決まりました。
此処からは勇者、戦士の2人でゾーマの攻撃を耐え切るための細かい調整に入っていきます。まずは装備品ですが、勇者は光の鎧、勇者の盾で吹雪、ヒャド系のダメージを4/9に軽減可能。戦士は光のドレス(女性限定)、ドラゴンシールドで吹雪を4/9、ヒャド系を2/3に軽減出来ます。どちらかが刃の鎧を着なければならないのですが、この場合盾の耐性効果が高い勇者で決まりでしょう。よって勇者は吹雪、ヒャド系を2/3カットする事となります。

次に二人の素早さの問題です。回復に徹するなら2人とも完全後攻にするために素早さを初期パラのままにするのが理想です。ただ、ゾーマの与えてくるダメージは高く回復に徹していても長期戦となれば回復が追いつかない状況になる可能性が増えてきます。よって、勇者の素早さのみを上げれるだけ上げてゾーマに高確立で先行出来るようにします。こうする事によってHPが完全に回復してるターンは勇者は攻撃に回れるので撃破ターンを早める事が可能となります。

最後の問題は賢者の石の回復量で、ゾーマが通常攻撃を同じキャラに2回やると約260のダメージが来るので賢者の石2回の回復では全く追いついていません。ただ、ゾーマは凍てつく波動のようなダメージ0の攻撃や、マヒャドのような低ダメージの攻撃も多く、回復が追いつかなくなると言うパターンは目をつむれないほどのものではないと判断します。

これで戦術は確定しました。後はHPポイントの調整ですが、戦士は通常攻撃2回に耐え切る可能性の高い270に、勇者は前方で通常攻撃を受ける事を前提としているのでそれに色をつけて290にします。


キャラステータス

勇者 LV17(男)
素早さ 体力 賢さ HP MP 攻撃力 守備力
65 122 112 12 18 296 23 170 211
装備品 バスターソード、刃の鎧、勇者の盾、オルテガの兜、星降る腕輪
アイテム 光の玉、賢者の石、雷神の剣、それ以外は世界樹の葉

戦士 LV17(女)
素早さ 体力 賢さ HP MP 攻撃力 守備力
78 17 126 11 13 273 0 78 190
装備品 光のドレス、ドラゴンシールド、グレートヘルム、石のかつら
アイテム 賢者の石、残りは世界樹の葉


攻略

1ターン目は勇者が光の玉、戦士は賢者の石を使用。
2ターン目以後は基本的には両方とも賢者の石を使用し続けます。ただしHPが両方ともほぼMAXの時は勇者は雷神の剣を使用して攻撃します。
一方が死んだ場合は全滅する可能性がとても高いのですが、もう一方が世界樹の葉を使用します。ゾーマが凍てつく波動などを使ってくれるのを祈りましょう。

実戦は4回目の挑戦で撃破。HP1桁が4,5回。勇者死亡が1回あり、とても心臓に悪い展開での勝利でした。

更なる極み

聞いた話によると勇者LV17一人でゾーマ攻略をしてる人が居るそうです。
LV16でも吟味次第では可能らしい・・・。

ゾーマに関しては完敗です。orz
いずれリベンジはしてみたい所ですが。